提供素材写真の撮り方

どういう写真がいいの?

写真なんか旅行で風景と食事の写真しか撮ったことないんだけど、携帯のカメラはメモ代わりで写真なんか撮らない。
という方にホームページ用に使う写真の撮り方の基本をお伝えします。
トップページのメインの写真はホームページのデザインや第一印象にも関わる部分。
重要なポイントを解説しましょう。

縦向きで撮らない

例えばこちらの写真。最近のスマホは画面も大型化し、縦に長くなってますよね。
スマホを縦向きにとるとこのような縦長の画像になってしまします。
タスケルのホームページを見てもらうと、ほとんどの画像が横向きですよね。
(一部デザインの都合で縦長や正方形の画像もありますが)

この縦長の画像は切り抜くこともできないですし、スマートフォン表示になると、画像で画面が埋まってしまうので見る方に優しくないのです。
ホームページ用の画像を撮るときは必ずスマホを横にして撮りましょう。

余白をたっぷり


こちらの2つの画像を見比べてください。
左の写真は撮りたい対象物ギリギリの構図ですよね。右は余白があります。
左の写真は切り抜いたりして使うことができません。
画像編集で後から融通がきく写真は右の写真なんです。

水平・垂直に気をつける

こちらの写真ですが、床や棚、窓枠など、垂直水平の基準がありますよね。この水平垂直が斜めになっていると、違和感のある写真になってしまいます。
スマホ撮影の場合、カメラの設定から「グリッドを表示」して頂くと基準線が出ますし、カメラでもグリッドや水平器などの機能を使用するようにしてください。

明るさに気をつける

こちらの写真ですが、はがきやその下の用紙が白飛びと言って、元の色が失われてほとんど白になってしまっています。
このように白に近いものを撮るときは明るくなりすぎないように注意しましょう。
逆に人の顔なども撮るときは暗くなりすぎないようにも注意しましょう。
スマートフォンでもカメラでも、オートモードであれば、対象物にAF(オートフォーカス)を合わせたら自動でいい感じにしてくれます。

写真はホームページの顔!

「縦向きで撮らない」「余白は多めに」「水平・垂直を意識する」「明るさに気をつける」
この4点を意識して、素敵なお写真の素材をお待ちしています。
もし写真撮影が不安でしたら、弊社にて撮影も可能ですのでお問い合わせください。

No tags for this post.