Outlook メール設定方法

注意事項

Windowsのコントロールパネルから【Mail】を選択します。
この時に【Mail】が表示されない場合はすべてのコントロールパネルの項目を表示すると出てきます。表示方法は画面右上の【表示方法】を【小さいアイコン】にすると表示されます。
Mailをクリックすると、メール設定画面になりますのでそこで【電子メール アカウント】をクリックしてください。

アカウント設定画面から画面左側にある【新規】をクリックします。
クリックすると、アカウント追加画面になります。
こちらで【名前・メールアドレス・パスワード】を入力します。
【自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)】にチェックを入れます。

アカウントタイプの選択画面になりますので【POPまたはIMAP】にチェックを入れて【次へ】をクリックします。
次に、ユーザー情報の入力画面になりますので、赤枠部分を入力してください。
※この時に入力する【名前】はメールを送られたときに相手の方に表示される名前になります。
入力が終わりましたら画面右側にある、新しいメッセージの配信先を【新しいOutlookデータファイル】にチェックします。
次に詳細設定をクリックします。

【全般】【送信サーバー】【詳細設定】とタブが3つありますので、ぞれぞれ設定します。
【全般】メールアカウントを入力します。

【送信サーバー】赤枠のようにチェックを入れます。

【詳細設定】サーバーのポート番号(受信サーバー)110・(送信サーバー)587を入力してください。(使用する暗号化接続の種類)STARTTLSを選択します。
配信の部分も忘れずチェックを入れてください。
それぞれのタブが入力ができましたら【OK】をクリックします。

先ほどのアカウントの追加画面に戻るので、【次へ】をクリックするとテストが始まります。

画像のようにすべて【完了】となったら【閉じる】をクリックします。
ここでエラーが出る場合、エラーの箇所を見直して入力し直すかまたはチェックの入れ間違いがないか確認してください。
エラーが出なければ設定完了になります。

IMAPとPOPの違いについて

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。